• 織る Weaving

  • 組む Braiding

  • 網む Netting

  • 絡む Entwining

絲藝館(しげいかん)ワクムスビとは

See below for the English version.

京の山々の緑が目に染む静かなる土地、鳴滝泉谷。
そこに世界各地で展覧会やワークショップをおこない続けている自然染織家・伊豆蔵明彦のこれまでの研究と創造の成果を次代へと遺し伝えていく拠点として《 絲藝館 ワクムスビ 》が開設されました。

京都・西陣で代々続いてきた帯屋に生まれた伊豆蔵明彦は企業人として数々の足跡を残すと同時に絹という太古より人の暮らしを飾ってきた素材による染めと織りの研究と開発に邁進してきました。
半世紀以上におよぶその研鑽の軌跡は「 織る 」に始まり、「 組む 」、「 網む 」、「 絡む 」という〈 絲調べの道 〉であり、また草木や虫などから色をいただき染める〈いのちのいろどり〉へと向かう旅でもありました。

《 絲藝館 ワクムスビ 》は伊豆蔵明彦の作品の展示紹介をはじめ、染織道の道場、織りや染めの研究会や研修会、そして染織を愛する方々の交流の場として皆様のお越しを心よりお待ちしております。

伊豆蔵 明彦

Akihiko Izukura

自然染織家
1942年京都西陣生まれ

大学卒業後、本格的に織りの世界に入る
1986年 大きな賞を受けたことが転機となり、それまでの考えを改め、織りや染めを通して、自然と謙虚に対話することを始める
会社を経営するかたわら、同時に私設の研究所を設立
1994年 染織技法の研究結果を、《染織道》をまとめる
同年8月 アメリカ・ボストンで《染織道》を披露
     国内外でワークショップや展覧会
1997年 インターナショナル自然染織委員会(IANT)を設立
2002年 NPO法人に認定
以降、自然と布と人とのあらたな関係性を模索する活動を展開

絲藝館 ワクムスビ

Wakumusubi Silk and Textile Art Center

開館時期
【春期】3月15日~6月15日
【秋期】9月15日~12月15日
開館時間
【平日】午前10時~午後4時

ご覧になりたい方は事前にメールかファックスにてお申し込みください。(開館期間以外でも応相談)

E-mail : info@wakumusubi.com

〒616-8253
京都市右京区鳴滝泉谷町5番地
TEL & FAX : 075-463-3853

About WAKUMUSUBI

Narutaki-Izumidani is a tranquil district nestling in the brilliant greenery of Kyoto’s mountainous surroundings. The Wakumusubi Silk and Textile Art Center was opened here as a base working to preserve and pass on to posterity the research work and creative achievements of the natural textile artist Akihiko Izukura, who continues to engage in a program of exhibitions and workshops around the world.
Izukura was born into a family that had for generations operated a traditional silken sash-weaving business in the Nishijin district of Kyoto. He has not only built a record of achievement as an entrepreneur, but has also actively pursued research and development in the art of dyeing and weaving with silk, a material that has brought beauty to human life since ancient times. For over half a century, he has followed a dedicated path, beginning with weaving and progressing through the techniques of braiding, netting, and entwining. This Way of the Thread, enriched by the dyes bestowed on us by the plant and insect worlds, has also been a journey toward a ‘Life in Colors.’
As well as presenting displays of the art and craft works of Akihiko Izukura, Wakumusubi is a center for the practice of Izukura’s Senshokudō — literally ‘the way of dyeing and weaving’ — an approach to textile crafts as an artistic discipline. It also acts as a venue for study meetings and seminars in weaving and dyeing and as a meeting place for people who love these textile crafts. We look forward to welcoming you.

Opening periods
March 15 to June 15
September 15 to December 15
Opening times
Weekdays 10:00 AM to 4:00 PM.

Please contact by e-mail or fax in advance.

E-mail : info@wakumusubi.com

5 Narutaki-Izumidani-chō, Ukyō-ku, Kyōto, 616-8253 Japan
TEL & FAX : (+81)-75-463-3853